スタッフお勧めコーデ

  • ホーム  >  
  • スタッフお勧めコーデ

あなただけのスタイルを叶える~おすすめ成人式コーデのご紹介~Furisode Beauty Gallery

「Bond's」は熊本の呉服の老舗NAGAMATSU GROUPがプロデュースする振袖のセレクトショップ。
レンタル・販売、自社スタジオでの写真撮影、ヘアメイク、さらにはご利用後のクリーニングまで、人生に一度の特別な日の装いをトータルサポートしています。
こちらでは、そんなBond'sのスタッフがぜひおすすめしたい、振袖や帯・小物のコーディネートをご紹介します。

スタッフ一押しの成人式振袖コーデを公開!

トラディショナル、モダン、レトロモダン、オリジナル。振袖や帯のチョイスは個性が命。またスタンダードなスタイルの振袖も、帯・小物の工夫次第で現代風アレンジに。そんな個性的なコーデで、成人式を迎えませんか? 振袖・帯はもちろん、半襟、ヘアメイクにネイルまで。個性を輝かせるポイントはたくさんあります。ぜひBond'sスタッフおすすめのコーディネートを参考に、あなただけの、あなたらしい「美の装い」を探してみましょう。

振袖

凛とした意志の強さ、清潔さが、主張できる白振袖。全体的に、紫をメインとした柄をより目立たせる為にあえて甘い色は使わず大人な雰囲気を出しています。

振袖

  • 重衿

    あえて邪魔しない紫にキラキラを加
    えることで、華やかさをプラス

  • 袋帯

    大柄の紫、ブルーの指し色が古典的
    な柄をより個性的にみせてくれます。

  • 帯あげ

    ひわ色に、白とピンクの梅の刺しゅう
    が上品さを引き出し振袖の柄の中の
    1色をとることで統一感をだしています。

  • 刺しゅう衿

    黒地に赤い花の刺しゅう衿で衿元を引き
    締めることにより白い振袖でもスッキリとし
    た印象に。

  • 帯締め

    黒に赤紫、シルバーという現代的な
    色の組み合わせで全体を。

Photo
Change

振袖

赤地に大小古典文様の組み合わせが、レトロだけど、どこか新しくて華やかな逸品。土台の柄となる梅は春のおとずれを告げる縁起の良い柄です。

振袖

  • 重衿

    五重衿でより豪華な印象に・・・。

  • 刺しゅう衿

    真っ赤な振袖に黒い刺しゅう衿で全体を
    引き締めて。

  • 袋帯

    袋帯には珍しい縦のグラデーション柄で
    赤の振袖をより個性的に引き立てます。

  • 帯締め

    赤と黒のつまみ細工の帯締めでより
    豪華に。全体を引き締めてくれます。

Photo
Change

振袖

重く見えがちの紺地でも白との一松文様で明るい印象に。竹の古典的なイメージを赤を使うことによりより個性的に全体にアクセントを持たせています。

振袖

  • 重衿

    原色の黄と赤で衿元も負けないよう
    にハッキリさせます。

  • 刺しゅう衿

    赤地に豪華な刺しゅうでよりゴージャスに。

  • 帯締め

    赤黒の帯締めを使えば全体を引き
    締めて統一感が出ます。

  • 袋帯

    古典的な白地にきれいなブルーと赤
    でさわやかさを演出します。

  • 帯あげ

    ゴール×白というゴージャスな色も
    オシャレにまとまります。

Photo
Change

特集!!
振袖美人になれるポイント

特集!!振袖美人になれるポイント

Point 1「裾割」で、歩く姿は百合の花
慣れない着物姿で歩くのはなかなか大変。そこでおすすめしたいのが、歩き出す前の「裾割」です。着付けのあと、両足を肩幅に開いて、少しだけ裾が開くように屈伸してみましょう。この裾割で、ずいぶん歩きやすくなるはず。最後に上前と下前を整えたら、歩く姿は「百合の花」……をイメージして、歩き出しましょう。
Point 2ほんのり内股&歩幅は狭く
せっかくの振袖も、ジーンズを履いているときのように大股で歩いでは台無し。和装を美しく見せる歩き方のポイントは、少しだけ内股で、歩幅を小さくすることです。また、草履が地面をすらないように注意しましょう。
Point 3階段はちょっと体を傾けて
階段では、できるだけ足を開かずに済むように少し前傾姿勢をとるのがポイント。このとき右手で上前を少しだけ持ち上げ、つま先に重心を置くようにします。くれぐれも、足が大きく露出しないよう注意。
Point 4車の乗り降りは……
会場までの送迎で、車に乗り降りすることもあるでしょう。このときのポイントは、まず袖が地面につかないように始末して、「腰、頭、足」の順番で乗り込むこと。車内では帯がつぶれないよう浅く腰かけて背筋を伸ばしましょう。降車後は袂を下ろし、身だしなみを整えます。
Point 5「牡丹の花」のように座するには
まずは、帯が椅子の背に触れない位置に座ることが大切。その上で、座ったら両足を揃え、後ろの裾が地面につかないよう少しだけ膝裏に挟み込みましょう。
Point 6履物を脱ぐときのマナー
玄関先などで履物を脱ぐときは、まず前向きのまま脱いで、上がってから振り返って履物を反転させて揃えます。後ろ向きで履物を脱ぐと転倒などの危険があるため注意しましょう。
Point 7トイレって、どうしたらいいの?
まずは袂を帯締めや帯に挟み、さらに上前と下前の先をまくって先端を帯の上側に挟み込みましょう。これで地面に着物がついて汚れる心配はなくなります。続いて長襦袢、裾除けも帯に挟んで用を足します。ここで上からまとめてしばっておくとより安心。こういった時のために、腰ひもを1本携帯しておくことをおすすめします。